名古屋で債務整理/過払い請求/自己破産の相談なら司法書士法人LEGAL SQUARE(愛知県名古屋市)

司法書士事務所LEGAL SQUARE/リーガルスクウェア

債務整理ご相談専用ダイヤルはこちらです。
 

メールでのご相談

 
 
 
採用情報
 
 
コンテンツ
 
 
債務整理ご相談専用ダイヤルはこちらです。052-212-8126
 
ご相談フォーム
 

司法書士法人LEGAL SQUARE

〒455−0842
愛知県名古屋市熱田区神宮三丁目7番1号
べんてんビル5階E号室

代表司法書士 寺田 好克 (てらだ よしかつ)
司法書士登録番号 愛知第1243号
認定番号 第418022号

 
  トップページ採用情報 > 若手司法書士ケーススタディ  
     
  司法書士法人LEGAL SQUARE 採用情報  
     
  Iターン・Uターン歓迎!将来独立を希望している、全国の司法書士の皆さんを募集しています。  
     
 
  トップ 人材教育理念 LEGAL SQUARE
の特色
若手司法書士
ケーススタディ
司法書士の一日 募集要項  
 
     
  若手司法書士のケーススタディ「5年以内の独立を目指して」  
     
 
若手司法書士のケーススタディ「5年以内の独立を目指して」  
組織を「創る」という経験の1つ1つが、司法書士としての糧になっています。
 
私は司法書士の資格を取得する前から事務所で働き始めました。
事務所に入って一番驚いたのは、入ったばかりであるにもかかわらず“事務所の運営方法”や“どういった組織であるべきか”といった社内会議に参加できたことです。
 
私自身、こういった会議は司法書士の資格を持った人や実務経験の長い人といった組織の中の一部の人たちが決めていくんじゃないかと考えていました。
 
     
 
経験や資格の有無を超え、対等な立場で
 
参加といっても単にほかの人たちが意見を交わしているのを聞いているわけではなく、実際に自分の意見を言うことができました。
 
入ったばかりということは正直わからないことだらけなのですが、見方を変えると“より客観的な視点”から意見が言えるということであり、そのような意見を尊重してもらえました。
 
司法書士資格の有無、仕事の経験有無といったことはそういった場においては関係なく対等な立場で意見を交わすことができたのです。
  若手司法書士のケーススタディ「5年以内の独立を目指して」
 
     
 
若手司法書士のケーススタディ「5年以内の独立を目指して」  
「司法書士」よりもひとまわり大きな視野
 
こういった会議を繰り返していく中で誰かが事務所を動かしているわけではなく、“自分自身も組織の一員として事務所を動かしていっているんだ”という意識が強くなっていきました。
司法書士としての知識や技術が学べるだけでなく、どのような仕事であっても共通して必要になる“組織とはどうあるべきか”といったことが学べたことで、単なる司法書士としてだけの考え方とは違った、もっと広い視点でものごと考えられるようになったと思います。
 
そして、こういった考え方ができるようになったことは将来司法書士として独立することを考えている私にとって大きな糧となっています。
 
     
 
  求める人物像   こんな方におすすめです  
         
  事務所の運営に興味がある方   将来独立志望(Uターン希望者)の方  
         
  司法書士に求められる   Iターン希望者(継続した名古屋での勤務)の方  
  コミュニケーションスキルに興味がある方      
         
  事務所の運営に興味がある方      
 
     
     
     
  >>若手司法書士のケーススタディ
>>LEGAL SQUAREで働く司法書士の1日
>>LEGAL SQUAREの特色
>>人材育成指針「共に創りあげる教育」
 
     
  司法書士(有資格者)応募はこちら  
     
  ※エントリーフォームにジャンプします。
フォームからご応募頂いた内容を確認後、採用担当者よりご連絡差し上げます。
 
     
  ※応募の他、採用に関するご質問もこちらまでお気軽にお尋ね下さい。  
 
名古屋の債務整理・過払い請求・自己破産の相談、解決/司法書士法人 LEGAL SQUARE
Copyrights(c)2008 OFFICE−LEGALSQUARE All Rights Reserved