名古屋で債務整理/過払い請求/自己破産の相談なら司法書士法人LEGAL SQUARE(愛知県名古屋市)

司法書士事務所LEGAL SQUARE/リーガルスクウェア

債務整理ご相談専用ダイヤルはこちらです。
 

メールでのご相談

 
 
 
多重債務解決の実例
 
 
コンテンツ
 
 
債務整理ご相談専用ダイヤルはこちらです。052-212-8126
 
ご相談フォーム
 

司法書士法人LEGAL SQUARE

〒455−0842
愛知県名古屋市熱田区神宮三丁目7番1号
べんてんビル5階E号室

代表司法書士 寺田 好克 (てらだ よしかつ)
司法書士登録番号 愛知第1243号
認定番号 第418022号

 
  トップページ多重債務解決の実例 > 過払い請求の実例ケース7  
 

ケース7 亡くなった夫の過払い金を取り戻す

 
 
 

依頼者様のお悩み

 
生活費に充てるために、以前から所有していたカードを利用してしまいました。
 
  Gさん(名古屋市在住)の場合
  病気で仕事がなかなか続けられず、生活費に充てるため以前から所有していたカードの利用を始めたGさん。夫が亡くなってからは一人で暮らしており、子供達とは離れて生活していましたが、子供達からの援助はあったため何とか生活していくことはできていました。しかし、子供達の収入が減ってしまい援助をあまり受けることができなくなってしまい、どんどん利用枠を広げ、他のカードも利用していってしまいました。
  少しでも生活費を少なくするために子供達と一緒に生活するようになったGさんですが、生活していくので精一杯の状況のため、返済はとてもしていけるような状態ではありませんでした。
  そこで、子供達から少しでも返済が楽になるのであればと債務整理の手続きを勧められ司法書士の元へ相談に行きました。
 
 
 

現状

 
借金及び財産の状況
 
借     金
 消費者金融

3社

約140万円
     
 取引期間 2年〜5年
 完済している債権者 3社(内夫名義1社)
 
 合計 約140万円
 
月々の家計の状況
 
収     入 支     出
 Gさんの収入 約3万円
 生活費(家賃、食費等) 約0万円
 保険料 約1万円
 Gさんの借金返済 約5万円
 合計 約3万円
 借金の返済を除いた合計 約1万円
 合計 約6万円
 
 
 

解決のご提案

 
亡くなった旦那様の生前より発生していた過払い金は相続人として請求できるため、旦那様の分も含め任意整理を行うことにしました。
 
 カードの利用はほとんどがショッピングであったため、債務整理の手続きをしたとしても借金の額はほとんど減少しないものと思われました。
 しかし、話を聞いていくと生前に夫が消費者金融から借り入れをしておりその返済をするためにGさん自身も消費者金融から借り入れをして完済していることがわかりました。
 そこで、完済している取引であっても過払金が発生しているのであれば請求することはできること、夫の取引についても過払い金が発生していたら相続人として請求することができることをお伝えし、過払金を回収して現在の借金の返済に充ててみてはと提案しました。また、事務所の着手金がすぐには支払えないとのことでしたが、一定額の過払金を取り戻せる可能性が非常に高かったので、着手金を含め報酬は過払金で取り戻した額から支払っていただくことを納得していただいた上で手続きを受任しました。
 
  CHECK POINT!  
  選択の決め手  
  亡くなった方の取引で過払金が発生していた  
    場合でも、相続人から請求することで過払金  
    を取り戻すことができる。  
       
  完済後、現に取引をしていない場合でも、
 
    過払金が発生していれば取り戻すことができ  
    る。  
       
  過払金が発生していればそのお金を他の債  
    務の返済に充てることができる。  
       
  手続きの注意点  
  相続人からの過払金請求をすることはできる  
    が、相続人が『相続放棄』をしている場合に  
    は、相続人ではないため過払金請求をする  
    ことはできない。  
       
       
       
 
 
 

手続きの結果と費用

 
手続きの結果
 
債権者 依頼時の残金 取引年数 手 続 き の 結 果
引き直し後の残高 支払方法 月々の返済額
消費者金融 A社 約75万円 5年 約65万円 分割 10,000円
消費者金融 B社 約57万円 3年 約50万円 一括 0円
消費者金融 C社 約8万円 2年 約8万円 一括 0円
消費者金融 D社 約0万円 4年 過払い金22万円   0円
消費者金融 E社 約0万円 5年 過払い金51万円   0円
消費者金融 F社 約0万円 5年 過払い金45万円   0円
合    計 約132万円   合計 約5万円   合計 1万円
 
 現在取引している分は全社で債務が残ってしまいましたが、完済分で115万円を取り戻すことができました
取り戻した過払金から報酬分を引いても69万円あったため、債務が残った債権者についても1社を除いて一括返済することができました。なお、残りの1社については一括返済費用が用意できなかったため、家族の協力を得ながら分割で支払っていくことになりました
手続き完了までの期間は、受任から全ての債権者より取引履歴の開示があるまでに2ヶ月間、全ての取引履歴の開示があってから和解が完了しYさんに返金が完了するまでに7ヶ月、合計で9ヶ月で全ての手続きが完了しました。→過払い請求手続きの詳しい流れはこちら
 
手続きの費用
 
  費   用 支 払 い 方 法
調査費・着手金 無料  当法人の場合、特にいただいておりません。
当法人の報酬

18万円

 過払い金よりいただきました
過払い報酬 23万円
 
 
 
 
         
  相談のご案内  
実例集のトップへ戻る
その他の過払い請求の実例を見る
ケース1 返していける借金・・・でも実は返済しすぎかも
ケース2 ニュースで「過払い請求」を知り、過去の取引に
ケース3 過払い金で「自動車ローン」を全額返済
ケース4 過払い金で残っている債務を全て返済
ケース5 既に返済し終わった取引で発生した過払い金を
ケース6 過払い金を訴訟で取り戻す
ケース8 保証人が完済した過払い金を取り戻す
ケース9 おまとめローンを利用し、完済。
 
 
     
 
名古屋の債務整理・過払い請求・自己破産の相談、解決/司法書士法人 LEGAL SQUARE
Copyrights(c)2008 OFFICE−LEGALSQUARE All Rights Reserved