1. トップページ >
  2. 相続手続きをお考えの方

相続手続きをお考えの方

相続とは

相続とは、被相続人が死亡した場合に財産に属した一切の権利や義務を継承することです。

相続とは本人(被相続人)の財産に属した一切の権利や義務を承継することをいいます。
法律上、相続人には相続分が認められており、その順位や相続の割合については法律によって定められています。

相続される財産とは、土地建物などの不動産や現預金・証券などの金融資産だけではなく、借金や保証債務などの負債も継承されます。

さらに、相続人の意思表示の有無や、相続人が被相続人の死亡を知っているか否かとは無関係に相続は開始されます。

相続人の優先順位

第1順位の相続人「子ども」/第2順位の相続人「父母」(父母がなくなっている場合には祖父母)/第3順位の相続人 兄弟姉妹

誰がどれだけ相続できるのでしょうか?

法定相続分

1.子と配偶者が相続人の場合
■ 配偶者
2分の1
■ 子
2分の1

※配偶者が亡くなっている場合には、子がすべて相続します。
※生まれる前の胎児であっても子とみなして相続人になります。

2.直系尊属(父母)と配偶者が相続人の場合
■ 配偶者
3分の2
■ 直系尊属(父母)
3分の1 

※配偶者が亡くなっている場合には、直系尊属(父母)がすべて相続します。

3.兄弟姉妹と配偶者が相続人の場合
■ 配偶者
  
4分の3
■ 兄弟姉妹
4分の1

※配偶者が亡くなっている場合には、兄弟姉妹がすべて相続します

代襲相続について

代襲相続とは

相続人となる者が本人(被相続人)よりも先に死亡している場合には、直系卑属(相続人の子ども(子どもが亡くなっている場合には孫))が相続人となり、本来相続人が相続するはずだった相続分を代わりに相続します。

代襲相続人になれる者

相続人となる者が本人(被相続人)よりも先に死亡している場合には、直系卑属(相続人の子ども(子どもが亡くなっている場合には孫))が相続人となり、本来相続人が相続するはずだった相続分を代わりに相続します。

■1.相続人の子ども、孫、ひ孫・・・

■2.兄弟姉妹の子(本人(被相続人)の甥や姪)

※孫やひ孫は代襲相続人にはなれません。
※生まれる前の胎児であっても上記1、2にあたれば代襲相続人になることができます。

相続方法の選択

相続に関する疑問・質問など、お気軽にお問い合せください

まずはお電話・メールで面談日をご予約ください。

面談日に、お客様のご相談内容を伺います。

当事務所より最適なアドバイスをご提案いたします。

必要な手続きを取り、迅速な解決を目指します。

相続遺言 無料ご相談ホットライン052-212-8126/9:00~22:00(平日・土・日・祝日も対応)

メールでのご相談はこちら/24時間受付中です

手続きの不安に、相続のエキスパートが1つ1つ、丁寧にお応えいたします。

スタッフからのご挨拶

〒456-0031
名古屋市熱田区神宮三丁目7番1号
べんてんビル5階E号室

相続遺言 無料相談受付中/0120-212-8126/受付時間 8:00~24:00 (土・日・祝日も対応)/お客様の現状のヒアリングから相続対策のアドバイスまで無料