名古屋で債務整理/過払い請求/自己破産の相談なら司法書士法人LEGAL SQUARE(愛知県名古屋市)

司法書士事務所LEGAL SQUARE/リーガルスクウェア

債務整理ご相談専用ダイヤルはこちらです。
 

メールでのご相談

 
 
 
債務整理5つの手続き
 
 
コンテンツ
 
 
債務整理ご相談専用ダイヤルはこちらです。052-212-8126
 
ご相談フォーム
 

司法書士法人LEGAL SQUARE

〒455−0842
愛知県名古屋市熱田区神宮三丁目7番1号
べんてんビル5階E号室

代表司法書士 寺田 好克 (てらだ よしかつ)
司法書士登録番号 愛知第1243号
認定番号 第418022号

 
  トップページ債務整理の5つの手続き > 過払いの手続き  
 

過払いの手続き

 
 
  返済し終わっているものでも過払い金を取り戻すことができます。また、取り戻した過払い金は、他の債務の返済や手続き費用に充てることもできます。
 
過払い請求とは? 過払いのメリット・デメリット 過払い金発生の目安 過払い手続きの流れ
       
 
 

過払い請求とは?

  ○ 利息を払いすぎている可能性があります。  
     
 
金利比較表    消費者金融はたいていの場合左図のような利息をとっています。しかし、利息制限法では最大でも20%以上の利息をとることができなくなっています。つまり、違法な利息を支払っていることになるのです。
その理由としては、この法律を破っても罰則がないことが原因でした。(但し、法律の改正によりこれからは罰則を設けることになりました。)
これまでは、出資法という法律を破らなければ罰則を受けなかったため、多くの貸金業者がこの利息制限法を超えて貸付をしているわけです。(グレーゾーン金利と呼ばれています。)
 
     
  ○ 適正な利率に引き直した場合にはどのくらい違ってくるのでしょうか?  
     
  具体的な事例(適正利息と消費者金融の利息)  
     
 
 上図をご覧いただければ29%の違法利息で支払いをしている場合には、15%の適正利息と比較して、年間で126,844円もの余分な利息の支払いをしていることになります
さらに、本来の利息15%で支払いをしていれば2年8ヶ月ほどで完済できるのに対し、利息29%の場合には3年4ヶ月ぐらいかけてやっと完済できることになります。つまり8ヶ月も余分な支払いをしているのです。
  このように、法律で定められた利息の差異により、まだ借金が残っていても、実際に利息を計算し直してみると「実はもう借金は残っておらずお金を払いすぎていた」という事態になっている場合があります。これが「過払い」といいます。
 
     
  ○ 過払い金を取り戻すには?  
     
   まずは消費者金融などの債権者と過払いの返還について交渉をします。交渉が成立した場合には和解契約を締結し手続きは完了しますが、交渉が成立しなかった場合には裁判により取り戻すことになります。
  交渉の場合、弊所では当然過払い金の全額を請求しますが、本来発生している過払い金よりも少ない額でないと交渉に応じない債権者もあります。その場合には「裁判により全額を取り戻すか」・「債権者が和解に応じる金額まで減額するか」の2択となります。その際にも弊所では依頼者様の意思を最大限に尊重し、ご納得いくまでお話をさせていただきどのように手続きを行っていくかを決定させていただきます。
 
 
 
 

過払い請求のメリット・デメリット

 
メリット@   払いすぎたお金が返ってくる。   デメリット@   特にありません。
             
メリットA   過払い請求を行い、返してもらった過払い金を他の借金の返済に充てることができる        
 
     
   
 
 
 

過払い金発生の目安

 
ケース1
既に返済し終わっている場合
 
  20%より高い利息を払っていた場合には必ず過払い金が発生しています。
過払い金発生の目安 返済が終わってから10年経過していない
 
 
 
ケース2
一度借り入れしてから返済しかしていない場合
 
  過払い金発生までの期間が最も短いケースです。
過払い金発生の目安 取引期間 5年以上
 
 
 
ケース3
毎月利息分しか返済していない場合
 
  毎月利息分しか支払いをしていない場合には、返済額が少ないためどうしても過払い金発生まで期間がかかります。
過払い金発生の目安 取引期間 6年以上
 
 
 
ケース4
毎月返済しているが、借入れの枠が空いた分借りている場合
 
  多くの方がこのケースに該当すると思われます。過払い発生までの期間が最も長くかかるケースです。
過払い金発生の目安 取引期間 7年以上
 
 
 
ケース5
2、3年で借り入れできる金額の増額があった場合
 
  例えば2年前に借り入れできる金額が50万円から100万円になり、枠いっぱいまで借り入れをしている場合です。取引期間が長くても過払い金が発生していないような場合もありますので注意が必要です
過払い金発生の目安 取引期間が長くても過払い金が発生していなかったり、小額しか発生していないことも考えられます。
 
 
 
ケース6
取引の途中で何度か完済している場合
 
  同じ消費者金融で借り入れをしていても一度完済して、新たに借り入れをしている場合には別々の取引として利息を計算し直さなければならない場合もあるため、過払い金の発生をご相談の段階で見極めることが難しいです。また、完済してから10年経過している場合には過払い金を取り戻すことができなくなる為注意が必要です
過払い金発生の目安 完済している取引では過払い金が発生していても、新たに借入れてからの期間が短ければ債務が残ってしまうことも考えられます。
 
 
   
 
 
 

過払い請求手続きの流れ

過払い請求手続きは、任意整理手続きの1種です。手続きの流れは以下の通りになります。任意整理手続きは平均して2〜6ヶ月程度必要となります。  過払い請求手続きについての費用はこちらをご参照ください。
 
 
流   れ   期   間  

内          容

 
受任通知の発送       当法人で任意整理の手続きを受任したことを知らせる通知を各債権者に発送します。これにより、債権者からの督促がとまり、任意整理の手続きが終結するまでの期間返済をしなくてよくなります
取引履歴の開示   ご依頼から約1ヶ月後
(債権者によってはそれ以上期間がかかる場合もあります。)
 

各債権者に対し取引履歴の開示を求めます。開示された取引履歴をもとに過払い金の総額を確定します。

債権者との交渉       過払金がある場合には返還金額について交渉します。過払いの交渉が決裂した場合には裁判をします。また、裁判の申し立て後債権者と再度交渉し和解する場合もあります。
和解契約の締結   全ての債権者より取引履歴が開示されてから約1ヶ月   債権者と和解契約を締結し、合意した内容の和解契約書を作成します。
精  算   和解契約締結から約2ヶ月   取り戻した過払い金から手続き報酬を差し引いた金額をお返しいたします。
 
     
   
 
 
 
  過払い請求実例集 過払い請求Q&A  
       
  相談のご案内 債務整理5つの手続きTOPへ戻る
自己破産手続きを見る  任意整理手続きを見る
個人再生手続きを見る  特定調停手続きを見る
 
 
     
 
名古屋の債務整理・過払い請求・自己破産の相談、解決/司法書士法人 LEGAL SQUARE
Copyrights(c)2008 OFFICE−LEGALSQUARE All Rights Reserved